講師名 テーマ サブテーマ 来日年
1 Michael R. Lappin, DVM, PhD, Diplomate ACVIM 猫の感染性疾患に関する最新情報 人と最も密接な生活をしている動物の感染症 1995
2 David Stewart Bruyette, DVM 内分泌疾患に関する最新情報 1995
3 Mark G. Papich. DVM, MS 獣医臨床薬理学 救急とクリティカルケア(重篤医療)患者の薬物療法 1995
4 Kenneth J. Drobatz, DVM 重症患者の取り扱い方 クリティカルケアの最新情報 1995
5 Thomas H. Boyer, DVM エキゾチック動物の医学 亀・イグアナ・トカゲ・ヘビ等の最新医学情報 1996
6 Dennis N. Aron, DVM 整形外科学 解放骨折の取り扱いと創外固定
前十字靱帯のすべてと最新知見
1996
7 Mark M.Smith, VMD, DACVS 胸部外科のすべて 1996
8 Takayoshi Miyabayashi, BVS, MS, PhD, DACVR. 画像診断の最新情報 1996
9 William P. Thomas, DVM 最新の臨床小動物心臓病学 1997
9
D. David Sisson, DVM
10 Johnny D. Hoskins 老人病学“ボケについて” 1997
11 Eric R. Pope, DVM, MS 腹部外科特に泌尿器外科についての最新情報 1997
12 R. Avery, Bennett, DVM, MS エキゾチック動物の獣医学 1997
13 J.M.MacDonald, M.E.d., DVM, MS 難治の痒みの診断治療 皮膚病の最新の治療法と治療薬 1998
13 Bernhard P. Pukay, B.A., DVM, MS
14 Mary B. Glaze, DVM, MS, Dipl ACVO 獣医臨床眼科学 1998
15 Michael E. Matz, DVM,Diplomate ACVIM 獣医臨床消化器病学 犬猫の消化器病診療の理論と実際 1998
16 Dr. Gregory F. Grauer, DVM, MS 獣医泌尿器病学 臨床小動物泌尿器病の最新トピックス 1998
17 Dr. Rebecca Kirby, DVM 獣医救命救急学 エマージェンシーにおけるルール20と神経病及び新しい治療法 1999
18 Dr. Nicholas Haward Dodman 猫の行動学 不思議な生物、猫の行動学 1999
19 Dr. William S. Dernell 獣医腫瘍学 日々進歩する腫瘍学のアップデート 1999
20 Dr. Theresa W. Fossum 獣医救命救急学(外科編) 一刻を争う救急手術を的確に行うために 1999
21 Dr. Barbara L. Oglesbee エキゾチック動物医学(飼鳥編) 飼鳥治療管理の最新情報 2000
22 Dr. Richard J. Joseph 獣医神経病学と鍼治療 小動物神経病診断治療の最新情報とAMCにおける神経病鍼治療の実際 2000
23 Dr. David C. Twedt 内視鏡・体腔鏡の診断・治療の最新知見 消化器、呼吸器、膀胱、腹腔、胸腔を含む 2000
24 Dr. Gregory A. Lewbart エキゾチック動物医学(魚編) 経験にたよらぬ科学的診療 2001
25 Dr. Deborah S. Greco 獣医内分泌学 Part U 治療最前線 2001
26 Mr. Darin Nelson 経営学 2001
Dr. Karin M. Beale 皮膚病学
Dr. Brian S. Beale 外科学
27 Dr. Colin E. Harvey 獣医口腔外科学 完全版 2001
28 Dr. Alan M. Fudge エキゾチック動物医学(臨床病理学編) 犬猫と異なるユニークなエキゾチック動物の臨床病理学 2002
29 Dr. Philip R. Fox 心臓病学 2002
Dr. Ann E. Hohenhaus 血液病学&腫瘍学
30 Dr. Linda A. Ross 動物シニア医学 高齢動物の医学最新情報 2002
31 Dr. Michael R.Lappin 動物感染病学 イヌ、ネコの感染症の最新診断法と新しい治療法 2002
32 Dr. Nicholas H. Dodman 動物行動学(犬編) 犬の問題行動における薬物療法の最新知見 2003
33 Dr. John W. Harvey 動物臨床病理学(血液編) CBCの腕を磨きませんか 2003
34 Dr. Mark G. Papich 動物臨床薬理学 動物臨床における正しい薬剤使用の原則と最新理論 2003
35 不明
36 Dr. Kenneth A. Bruecker 動物関節外科学 関節外科診断・治療の最前線 2004
37 Dr. Mary B. Glaze 動物臨床眼科学 part U 小動物眼科の進歩 2004
38 Dr. Michael Bernstein 猫病学 猫医療の最先端 2004
39 Dr. Philip J. Bergman 動物腫瘍学(内科編) トップレベルの治療法 2004
40 Dr. Natasha Olby 動物神経病学 動物神経病診療の最新情報 2005
41 Dr. Anthony P. Carr 動物救命救急学(内科編)Part U 確実で新しい救命救急法 2005
42 Dr. Steven L. Marks 動物救命学 救命率向上の立場から臨床救命学各論 2005
43 Dr. Merilee F. Costello 動物呼吸器病学 ちょっと厄介な重症呼吸器病の取り扱い 2005
44 Dr. Michael M. Pavletic 動物形成外科学 外傷処置と合理的な形成外科再建法 2006
45 Dr. Larry P. Tilley 動物心臓病学(内科編) 世界の新しい傾向と手技の最新情報 2006
46 Dr. David F. Senior 動物泌尿器病学 動物泌尿器病に関する最新情報 2006
47 Dr. Deborah S. Greco 動物内分泌学Part V 進化する内分泌学 2006
48 Dr. Rod A. W.Rosychuk 動物皮膚病学 犬と猫の皮膚病学:最新情報 2007
49 Dr. Denis Marcellin - Little 動物整形外科学(リハビリテーション) 本邦初公開 2007
50 Dr. Alan F. Stewart 動物内科学 やりがいのある重症疾患の診断・治療 2007
51 Dr. E. Christopher Orton 動物心臓病学(外科編) 心臓外科手術の基礎から高度なテクニックまで 2007
52 Dr. William S. Dernell 動物腫瘍学(外科編 U) 日々進歩する腫瘍治療学 2008
53 Dr. Karl H. Kraus 動物神経外科学 脊椎疾患 2008
54 Dr. Eric Monnet 動物軟部組織外科学 胸腹部外科 2008
55 Dr. Jorg M. Steiner 動物消化器病学 消化器内科 2008
56 Dr. Sharon C. Kerwin 動物整形外科学 診断と手術、リハビリ 2009
57 Dr. Susan E. Lana 動物腫瘍学 腫瘍内科1 2009
58 Dr. Carolyn J. Henry 動物腫瘍学 腫瘍内科2 2009
59 Dr. Rhett Nichols 動物内分泌学 診断と治療の最新知見 2009
60 Dr. James Gaynor 動物麻酔学 麻酔モニタリングと最新の疼痛管理 2010
61 Dr. Mark Neer 動物神経病学 豊富な症例動画による疾患の詳細 2010
62 Dr. Teresa Lightfoot エキゾチック動物医学 内科的診療から外科治療まで 2010
63 Dr. Richard B. Ford 感染症について 最新のアメリカ内科学会発表 2010
64 Dr. Sonya Gordon 心臓病学 犬と猫の心疾患の診断と治療 2011
65 Dr. Elisa Mazzaferro 救命救急内科学 患者を救える処置 2011
66 Dr. Andrew J. Mackin 血液病学 実践的な輸血療法および免疫介在性血液疾患 2011
67 Dr. Nicholas Millichamp 眼科学 臨床に役立つ眼科疾患の診断と治療 2011
68 Dr. Vanessa Barrs 猫病学 呼吸器疾患と内分泌疾患の実用的な診断と治療 2012
Dr. Julia Beatty
69 Dr. Edmund J. Rosser Jr. 皮膚病学 アトピー、食物アレルギーなど
犬と猫の皮膚病の診断および最新の治療方法
2012
70 Dr. Jane Armstrong 消化器病学 犬と猫の膵炎、肝胆道疾患、糖尿病の診断と治療 2012
71 Dr. Sherman O. Canapp Jr. 整形外科学 前肢後肢の難易度の高い跛行に対する治療法
(内科・外科・理学療法および再生医療)
2013
72 Dr. Dennis W. Macy 動物腫瘍学 2013
73 Dr. David J. Polzin 腎臓病専門医による「腎臓」スペシャルセミナー 2014
74 Dr. Elizabeth A. Rozanski 救命救急医が診る「呼吸器病学」 2014
75 Dr. Mark C. Rochat 軟部組織外科学 2014
76 Dr. Colin E. Harvey 口腔学 2014
77 Dr. Rodney S. Bagley 脳神経学 2015
78 Dr. Bonnie D. Wright 疼痛管理 2015
79 Dr. Douglas H. Thamm 腫瘍学 2015
80 Dr. Jorg Mayer エキゾチック動物の外科医学 2016
81 Dr. Kathleen Linn 臨床外科学 2016
82 dr. Vint Virga 行動学 2016
83 Dr. Kelly Helmick エキゾチック動物の薬理学 2017
84 Dr. Miles Masato Yoshioka 整形外科学 2017
85 Dr. Phillip R. Fox 心臓病学 2017
86 Dr. Rose E. Raskin 臨床病理/血液学・細胞診 2018
87 Dr. Sandra L. Hudson 犬と猫のリハビリテーション 2018