第87回国際セミナー 『犬と猫のリハビリテーション』

◆スライド

・小型県のリハビリテーション手段
・椎間板(IVDD)、変性性脊髄症(DM)、線維軟骨塞栓症(FCE)における
 リハビリテーションの手技
・前肢のリハビリテーション
・比較的高齢の犬のための理学療法
・猫における疼痛管理のためのリハビリテーションの手法と手技
・術後の飼主指示順守を最適化
・結果測定
・FHO(大腿骨頭切除術)に対するリハビリテーション:症例研究
・骨折に対するリハビリテーション:症例研究
・犬の膝でのリハビリテーション:症例研究
[角度形成の回転中心に基ついた水平化骨切術]

◆本文
・小型県のリハビリテーション手段
・椎間板疾患や、変性性脊髄症、線維軟骨塞栓症に対する
 リハビリテーションの手技
・前肢のリハビリテーション/長期自宅看護
・比較的高齢の犬のための理学療法
・術後の猫と比較的高齢の猫でのリハビリテーション手技
・飼主の指示順守を向上
・結果測定
・FHOに対するリハビリテーション手技
・骨折患者に対するリハビリテーション:長期管理
・股関節修復-CBLO[角度形成の回転中心に基ついた水平化骨切術]に
 リハビリテーション

◆著者原文


325 ページ

ページ数

Dr.Sandra L .Hudson

講師
内容