■1.スライド
・腎疾患の診断-手段とその使用法
・慢性腎疾患での結果と最適化:ペットと飼主の管理
・慢性腎疾患での結果と最適化:より長く、より幸せな生活
・慢性腎疾患での結果と最適化:尿毒症の対処方法
・蛋白尿の治療:意味するものの判断
・腎生検
・蛋白尿の治療:いつ・なぜ・どのように
第一部
犬と猫の腎疾患におけるACE阻害薬
第二部
蛋白尿の標準療法
第三部
:生検で立証された糸球体疾患のある犬に対する新しいアプローチ
腎生検をしていない蛋白尿性腎疾患のある犬に対する選択肢

・急性腎損傷-何をすべきか?
・腎臓患者での輸液療法の最新概念
・尿細管性腎疾患:どうやって認識できるのか?
・低ナトリウム血症と高ナトリウム血症:誤解されることが多い


■2.本文
・慢性腎疾患の診断と病期分類-現在の概念
・腎疾患での結果と最適化:ペットと飼主の管理-成功への最高の鍵
・CKD(慢性腎疾患)での結果の最適化:より長く、より幸せな生活
・CKD(慢性腎疾患)での結果の最適化:尿毒症の対症療法
・尿蛋白:意味するものの判断
・腎生検
・蛋白尿の治療:いつ、なぜ、どのように
・急性腎疾患-何をすべきか?
・腎臓患者での輸液療法の最新概念
・尿細管性腎疾患:どうやって認識できるのか?
・低ナトリウム血症と高ナトリウム血症


第73回国際セミナー 腎臓病専門医による『腎臓』スペシャルセミナー

内容

414ページ

ページ数
講師:Dr.David J Polzin